インバーター直流/交流TIG溶接機WT-TIG200でアルミ溶接を練習 / 溶接機・溶断機・切断機の専門店・通販【WELDTOOL-ウエルドツール】

TIG溶接機のお客様の声

インバーター直流/交流TIG溶接機WT-TIG200でアルミ溶接を練習

こちらのお客様はアルミ溶接を習得するためにWT-TIG200を購入されたとのことです。

アルミ溶接ですが、溶け方が鉄やステンと違うので難しいですよね。
簡単ですが、以下にアルミ溶接のポイントをまとめました。

・溶接前に溶接面とアースを挟む部分をグラインダーで削る

・ゴミや不純物があると溶接不良になるので取り除く。

・タングステンは純タン(緑)orセリタン(灰色)を使う。

・溶接棒をアークの下ではなく、横から溶接プールに入れる。
 その際、トーチの角度は立て気味で。

・最初はプールが出来にくいので、アークをあてて溶けてきたらその部分に横から
 溶接棒を入れてプールを形成し、トーチを進めていく。

・最初にアークをあてて、なかなか表面が溶けない場合は電流と溶接機のダイヤル右下の
 ACバランスを上げてみて下さい。(ACバランスを上げすぎると電極の消耗が早くなります)

・アルミの番手によっては溶接性が悪く、どうしてもうまくいかない場合もあります。

WT-TIG200をアルミ溶接を覚えたかったので購入しました。
やはり難しいけど溶ける感じが少し分かってきました。
アーク溶接もできるので使ってみましたがアークがスムーズに発生して使いやすいと思いました。
基盤も大丈夫そうです。これからもこのマシーンで練習です