溶接・溶断記事の専門店

最新投稿

車のボンネットにダクトを追加加工 プラズマ切断

2017年02月02日

ボンネットをプラズマ切断

こんにちは。

 

車のボンネットにダクトを作っています。

前回イメージとしてビニールテープでライン取りした部分を、プラズマ切断機を使って切り取っていきます。

 

まずは通電させるために、表面の塗装をグラインダーで削ります。

アースクリップを挟む部分も同様に表面を削って地肌を露出させておきます。

塗装を剥がす

 

準備が整ったのでプラズマ切断していきます。

コツとして、真っすぐ切りたいときは写真のようにトーチを沿わせていく部分にアングルのような物を置いて定規代わりにします。

また、火花が下に抜けているのを確認してトーチを送っていくのですが、車の外板程度(1mm以下)であれば紙のように切れます。

ボンネットをプラズマ切断

 

このように切断できました。この板厚であれば切っている時間はものの10秒程度です。

プラズマ切断完了

 

ダクトを掘り下げた際に必要となるプレートも切断しました。

板厚にもよりますが、定規を使って切断することでジグソーやグランダーよりも早く、精度よく切断することが可能です。

プラズマ切断機で三角に切った鉄板

 

 

次回は半自動溶接機で切った鉄板類をくっつけていきます。

ご不明な点がありましたら、お気軽にお問い合わせ下さい。

株式会社WELD TOOL 092-205-2006

溶接機・切断機の専門店WELDTOOL