溶接・溶断記事の専門店

最新投稿

カーショップにTIG溶接機・半自動溶接機のデモに伺いました。

2016年10月31日

半自動テスト

こんにちは。

 

先日デモを依頼されたカーショップにデモに伺ってきました。

当日は私と新しく入社した社員の二人でデモに伺ったのですが、元営業マンの社長がいませんので、話下手な私としては何かと緊張した挙句、問題発生多数でした。。汗

それではご覧ください。

 

まずはTIGから

手際の悪い私を見かねたのか、一緒に行った子が「あたしがやるからトーチ貸して」と手際よく仮付けしてくれました。。汗

その後私が試しにある程度溶接した後、ショップの方にも試して頂きました。

 

母材が厚み1mm程度の鉄パイプだったので、初心者には難易度高かったのですが、上手にされてました。

カーショップでTIGデモ

 

次はアルミパイプを溶接しようとした時に最初の問題が。

なんとアルミの溶接棒を持っていくのを忘れてしまいました。アルミは溶接棒がないと母材が一体化してプールになってくれず、なかなか溶接できないんです。

そこはお客様に事情を説明し、勘弁して頂きました。

 

 

続いて半自動なんですが、ここで二番目の問題が発生。

φ0.8のワイヤーを持って行ったはずが、外箱にφ0.8と書いてあるワイヤーの中身がまさかのφ0.6!騙された。。。いや中身を確認しなかった自分が悪いんですけどね。

φ0.6のワイヤーを送る為には専用のφ0.6対応ローラーを使わないといけないのですが、もちろんそんなものは持ってきていません。

送給ローラー

 

アルミの棒も忘れて半自動も使えませんでしたじゃ、TIGと半自動を比較したいとの事でデモに伺った意味がありません。この時点で平静を装っていますが、内心焦ってました。

(こうなったら0.8用のローラーで0.6ワイヤーを送るしかない。。前に試した時は滑ってダメだったけれど。。。お願いしますお願いしますお願いします)

 

心で祈りつつワイヤー送りボタンをプッシュ。

 

(きたぁぁ!うぉぉぉぉ!)

ワイヤー送り成功

 

どうやらローラーにカスが付いていたのが功を奏したようで、何とかスリップせずワイヤーが送られていきました。

 

「そしたら試しにちょっとだけ溶接してみますね。(平静を装い)」

 

はいここで三番目の問題が。

バチバチっとお客様が用意してくれた母材を溶接してみたところ

(やたら凸ビードになるな。。なんか溶け込み悪くないか。。?電流上げてもイマイチだな。。スパッタは少なくてキレイだけれどなんで?まぁいいか。。)

 

「半自動はこんな感じです。。あっ」

 

ここで溶け込みが悪い原因が発覚。ガスがアルゴンのままでした(汗)

持って行ったガスは混合ガス(アルゴン80%+炭酸ガス20パーセント)とアルゴンガス(アルゴン100%)なんですが、混合ガスの方は炭酸ガスが含まれる事で、溶け込みを深くする効果があり、アルゴン100%は通常アルミやステンレスに使います。

 

「すいません、ガスを入れ替えるのを忘れてました。。ちょっとガスを入れ替えますので、それから試してみて下さい。。。」

半自動テスト

 

最終的に見積りを下さいと言って頂き、一応デモに行った意味はあったようです。

 

その後、使えないヤツオーラを垂れ流しつつデモを終え、お客様事業所をあとにしました。

 

最近、デモや弊社に来店し、溶接機もしくは切断機の使い方を教えて欲しいと言われるお客様が増えてきていますので、近々ちょっとした講習会のようなものを催そうかと考えております。

開催日などは決定し次第、HPにて告知させて頂きます。

 

ご不明な点がありましたら、お気軽にお問い合わせ下さい。 株式会社WELD TOOL 092-834-2116

 

 

 

溶接機・切断機の専門店WELDTOOL