溶接・溶断記事の専門店

最新投稿

台車を溶接して製作⑤ TIG溶接や半自動溶接で仕上げ

2016年11月01日

大きい台車完成

こんにちは。

 

大型台車の製作も、仕事の空き時間にちょっとづつ進めていきましたが、やっとこさ完成しました。すでに紹介した溶接ばかりですので、残りはパパッとご紹介します。それでは以下ダイジェストでご覧ください。

 

取っ手部分を棒入れTIG溶接

TIGで取っ手を溶接

 

クランプで平行出し

クランプで平行出し

 

元溶接工らしいスピーディーで無駄のない溶接

 

100VのWT-TIG160でもしっかり溶け込みます

TIGでアングル溶接

 

溶接中の母材を裏から

アングルTIG溶接を裏から

 

取っ手部分を荷台にくっつけ中

アングル棒入れTIG溶接

 

キレイにいきました

アングル溶接後のビード

 

実際、ちょっとぐらいなら半袖でも大丈夫です

半自動半袖溶接

 

艶消し黒で塗装中

台車塗装

 

板貼って完成

 

普通サイズの台車と大きさ比較

車輪もうちょっと大きい物にすればよかったかも

台車の大きさ比較

 

こちらの台車にかかった材料費ですが

 

・アングル×6=4,842円

・キャスター×4=4,552円

・スプレー×2=388円

・コンパネ、パイプ、ビス類=4,000円

----------------

合計 13,782円

 

となりました。

 

大型の台車は、その辺に売ってる台車と違ってけっこういい値段する(1200×750の鋼鉄製台車で8万円)みたいですので、自由なサイズにできたのも含めてスタッフ一同満足しております。

 

台車製作の最初の記事はこちら

 

ご不明な点がありましたら、お気軽にお問い合わせ下さい。 株式会社WELD TOOL 092-834-2116

 

溶接機・切断機の専門店WELDTOOL