溶接・溶断記事の専門店

最新投稿

台車を溶接して製作② ノンガス溶接とMAG溶接比較

2016年10月27日

ノンガス半自動溶接

こんにちは。

 

台車製作の続きです。

今回は半自動溶接を中心にお届けしたいと思います。

 

それでは溶接していきます。

 

タイヤ溶接

 

こちら二枚の写真、使っているのはどちらも同じ半自動溶接機WT-MIG160ですが、アークの色が違うのがわかるでしょうか?

 

上はノンガス溶接用フラックスワイヤーを使っています。

下は混合ガス(アルゴン80%+炭酸ガス20%)を使っています。

 

それぞれの仕上がり具合は

 

ノンガス溶接部

これはノンガスといえどイマイチな方ですが、アーク溶接(棒を使うやつ)に近い仕上がりとなります。

台車ノンガス溶接

 

混合ガスを使った溶接部

ビードも半自動らしいものでしっかりと溶接できています。

台車混合ガス溶接

 

混合ガス溶接の動画はこちら

 

ノンガスワイヤーを使った溶接は、見た目はあまり気にしないのでくっつけばいい場所や、たまにしか溶接しないので、わざわざガスを用意するのが割に合わない場面などでは有効です。

 

反対にある程度見た目もキレイにする必要がある製品や、溶接の溶け込みも重要な場合、また溶接の頻度が多い場合などでは、ソリッドワイヤーとガスを使った方が、ランニングコスト及び仕上がりなどトータルで見ると良い場合があります。

 

続きはこちら

 

ご不明な点がありましたら、お気軽にお問い合わせ下さい。 株式会社WELD TOOL 092-205-2006

 

 

溶接機・切断機の専門店WELDTOOL