溶接機の選び方 構造物等の溶接 / 溶接機・溶断機・切断機の専門店・通販【WELDTOOL-ウエルドツール】

溶接機の選び方 構造物等の溶接

バリバリできる半自動

 

アングルやCチャン、角パイプなどを組んで溶接したり、構造物などの溶接には半自動溶接機が最適です。
半自動溶接は溶接ワイヤーが自動でノズルの先端から出てきて溶接しますのでアーク溶接(手棒)と比べて楽に溶接ができます。

スパッターが出るのでTIG溶接ほどキレイにはいきませんが、溶接スピードが速く、効率よく溶接ができます。

また、ノンガスフラックスワイヤーを使用すれば、ガスボンベも不要で、屋外の作業でも風の影響を受けず溶接できます。

 

 

被覆アーク溶接機

溶接棒を挟んで使用するタイプ。価格も安く溶接機以外に電源・溶接棒さえあれば溶接が可能

仕上がりは他の溶接機と比べると綺麗とは言えず、溶接後にこびりついたフラックスの除去が必要。屋外の現場で使用されることが多く、よく現場でバチバチやってるのはアーク溶接機が多いです。

手棒溶接とも言われます。

半自動溶接機

スイッチを押すとトーチ先端からワイヤーが出てきて母材を溶かして溶接します。炭酸ガスが必要だが、ワイヤーが自動で供給されるので効率よく溶接が可能です。溶接箇所が多い場合などは最適です。

ワイヤーや供給ガスを変えれば、ステンレス等も溶接可能。炭酸ガスで溶接部をシールドするので風の影響を受ける為、ほとんど屋内で使用します。

半自動溶接機はこちら
WT-MIG160

ノンガス半自動溶接機

名前の通り半自動溶接のガスが不要なタイプで、電源・ワイヤー(ノンガスフラックスワイヤー)さえあれば溶接が可能なので気軽に溶接できます

ガスを使うタイプよりスパッターやヒューム(煙)は多め。風の影響を受けないので屋外での作業にも向いています。

仕上がりはアーク溶接(手棒)と似たような感じになります。

ノンガス半自動溶接セットはこちら
WT-MIG160

直流TIG溶接機

主にステンレスを溶接するのに使いますが、鉄なども溶接可能です。(アルミは不可) 溶接部をシールドする為にアルゴンガスを使用します。

電極にタングステンを使用し、先端を母材に2mm程度まで近づけてアークを発生させ、溶接を行います。

溶加棒を使わない”ナメ付け”もしくは、溶加棒を使い、両手で作業する溶接方法があります。

ステンレスの溶接にはステンレスの溶加棒を、母材と同じ材質のものを使用します。

溶接スピードは他の溶接より劣りますが、スパッターが発生しない、音が静か、仕上がりがきれい、という利点があり、細かい繊細な溶接にも最適です

                         直流TIG溶接機はこちらステンレスの溶接に

交流TIG溶接機

アルミの溶接に使用します。アルミの表面には酸化被膜があり、交流でないと溶接できません。

ステンレスや鉄の溶接とは違い、粘っこく、コツが必要です。熱伝導率も高いので最初はなかなか溶けず、全体が温まると一気に溶け出します。

また、アルミの種類によっても溶接性の良いものと悪いものがあります。
交流・直流切り替えができる溶接機ですと、ほとんどの金属が溶接できるので便利です。

                      直流/交流切り替え式TIG溶接機はこちらアルミの溶接に

溶接後の仕上がり(綺麗さ)

熟練度にもよりますが、 TIG溶接>半自動溶接>ノンガス半自動溶接>アーク溶接 となります。

使用用途による大まかな使い分け

溶接箇所が多く鉄をガンガン溶接したい→ 半自動溶接機(見た目も重視する場合は混合ガスを使う)

細かい部分の溶接やステンレスの溶接→ 直流TIG溶接機

アルミを溶接したい →交流TIG溶接機 となります。