半自動溶接機WT-MIG225ALに関するご質問 / 溶接機・溶断機・切断機の専門店・通販【WELDTOOL-ウエルドツール】

半自動溶接機WT-MIG225ALに関するご質問

WT-MIG160やWT-MIG250との違いは何ですか?

それぞれ、出力やノンガス溶接の可否、使用する電源に違いがあります。

電源はWT-MIG160とWT-MIG225ALが単相200V、WT-MIG250は三相200Vとなります。ノンガス溶接はWT-MIG160のみが可能です。

その他、詳しくは各商品の商品ページより詳細をご覧ください。

溶接できる母材は何ですか?

アルミ、軟鋼、ステンレスなどが溶接ワイヤーなどを変更する事で溶接できます。

特にアルミの半自動溶接は、キレイに仕上げるのは通常難しいのですが、当機種の特徴の一つとして「パルスミグ溶接」が可能なことで、TIG溶接に近いレベルでのアルミ溶接が可能になっております。

ステンレスにつきましては、使用するワイヤーとガスなどの組み合わせによって仕上がりに影響しますので、詳しくは取り扱い説明書をご覧になるか、弊社までご連絡下さい。

ガスを変えると何が変わるんですか?

まず、アルミの溶接の場合はアルゴンガスでないと溶接自体ができません。

その他の軟鋼やステンレスに関しましては、使用するワイヤー(フラックスの有無)などによっても変わってきますが、見た目や仕上がり(スパッタの落としやすさなども含めて)を重視するのであれば混合ガス、溶け込みを重視するのであれば炭酸ガスといった具合に使い分けます。

ノンガスでも溶接できますか?

本機はノンガス溶接はできません。鉄やステンレスの溶接には炭酸or混合ガス、アルミの溶接にはアルゴンガスが必要です。

溶接ワイヤーは何φで何キロの物まで使えますか?

基本セットに含まれる送給ローラーは2種類が付属しており、それぞれφ0.8/φ1.0、φ1.0/φ1.2のワイヤーに対応しています。

適合する溶接ワイヤーはスプール内径52mmのものであれば、最大20kgのものまで対応します。

溶接できる板厚は何ミリまでですか?

母材にもよりますが、軟鋼で約8mm程度となります。

電源は何を用意すればいいですか?

本機の電源は単相200Vとなります。入力電流は最大出力で使用する場合、30A程度必要となっております。

アーク溶接はできますか?

アーク溶接は付属のアーク溶接用ホルダーを使用することでご利用いただけます。溶接棒はφ4.0mmまでの棒径に対応しております。

溶接機を移動させるのが面倒なので、長いトーチは無いですか?

パルスミグ溶接機WT-MIG225ALに関してはロングトーチの設定はございません。

アースケーブルや電源ケーブル、またアーク溶接ホルダーにつきましては、長い物を販売しておりますので、そちらをご利用下さい。

消耗品は他社のものでも使えますか?

溶接ワイヤーは上記のものであれば他社製でもご利用いただけます。その他コンタクトチップやノズルなどは、互換性がある物とない物があります。

もし壊れてしまった場合はどのような対応になるのですか?

弊社で販売する溶接機には1年間の保証が付いております。

故障した際は電話にてご連絡いただき症状をお伺いしますので、機械本体の故障の可能性が高い場合は弊社まで発送してください。

その際の送料のみお客様負担となり、その後1-2日で修理、返送という形になります。保証期間を過ぎたあとでも、柔軟に対応させていただきます。

使い方が分からない場合はどうすればいいのですか?

溶接機を購入されたお客様には、溶接に関するアドバイスをさせていただいております。

説明書をご覧になり、それでも分からない場合や、溶接する母材に対する調整をどれぐらいにすればいいのか分からない場合は、一度お問い合わせ下さい。

各種資格を取得したスタッフが対応させていただいておりますので、分かる範囲内ではありますが、アドバイスさせていただきます。お問い合わせは電話でもメールでも構いませんが、可能であれば溶接機の前でお電話いただいた方が、より具体的にアドバイスできるかと思います。

実際に商品をテストしてみたいのですが

弊社までご来店いただけましたら、実際に溶接機をご利用いただけます。

その際は、一度ご連絡いただきまして来店日を調整の上、溶接したい母材をお持ちになってお越しください。

もしくは、近隣の会社様でしたら、こちらから溶接機を持参しデモを行うことも可能です。いずれにせよ、できればお電話にてご連絡いただければスムーズに日程など調整させていただけます。