溶接・溶断記事の専門店

最新投稿

TIG溶接機WT-TIG160 厚み0.5mm鉄板をナメ付け 自動車板金にいかがですか?

2016年09月20日

コンマ5mm鉄板溶接後

こんにちは。

先日自動車板金にTIG溶接機を使いたいとお問い合わせを頂きましたので、実際に薄板を溶接テストしてみました。

それではご覧ください。

 

まず、溶接する母材はこちらの鉄板で、厚みは0.5mmです。

0.5mm鉄板

ノギスで計測

 

それではこちらの母材を仮付けしていきます。

板厚が薄いので、合わせ面は隙間なくピッチリと合わせ、母材の高さもきっちり合わせておきます。

この下準備を怠ると、溶接がうまくいきません。

 

今回、弊社に新人さんが入ってきましたので、私と別々に溶接しました。

その違いも含めてご覧ください。

 

 

溶接条件

板厚:0.5mm鉄板

初心者:溶接電流11A

元職人:溶接電流14A

 

まずは仮付けです。

写真では差が分かりにくいですが、下の写真は一発一発の仮止めが正確な為、小さいです。

また、遮光面は使わずにポンポンしていくので速いです。

 

(初心者)

仮止め1

 

(元溶接工)

 

本溶接です。

こちらは動画でどうぞ。

 

 

このように溶接できました(元溶接工)。

コンマ5mm鉄板溶接後

 

こちらは初心者と溶接工の比較です。

上:トーチが振れてビードが太く一定ではない

下:トーチが殆ど振れない為、ビードが一定でピンポイントな溶接

同じ機械でやってもここまで差が出ます。

溶接比較

 

 

ちなみに上手いのは

 

 

 

新人さんです(元溶接工)

(上司の立場無し)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

しかも女性!

(男性としての威厳無し)

 

本人談:コンマ5とか無理~→上司より上手い

 

ぐぬぬ。。出来ないと言う人ほど出来る説、あると思います。

 

 

国産の溶接機のように高価な品物ではなくても、腕しだいで0.5mm程の薄板でも溶接可能です。

ご不明な点がありましたら、お気軽にお問い合わせ下さい。

株式会社WELD TOOL 092-834-2116

 

 

溶接機・切断機の専門店WELDTOOL