溶接・溶断記事の専門店

最新投稿

100VのTIG溶接機でチタン溶接

2017年01月11日

チタンマフラーのTIG溶接

こんにちは。

 

100VタイプのTIG溶接機WT-TIG160ですが、アルミ以外のTIG溶接であれば、これでも十分に可能です。

今回は高級素材のチタンを溶接してみました。ご覧ください。

 

いきなりですが、廃材と化したチタンマフラーのタイコを切断砥石で切っていきます。

当初は目見当でいこうかと思ってましたが、経験者から「線ぐらいは絶対引いた方が後々ラクになるよ!」とアドバイスを貰い、ついでに切ってもらいました。

チタンマフラー切断

 

真っ二つにしてもらいました。

チタンタイコ切断後

 

 

100A程度で一瞬アークを当て、仮止めしていきます。

薄板はすぐに穴が空いてしまいますので、この仮止め次第で本溶接のデキが左右されると言ってもいい程、薄板の仮止めは重要です。

二枚の板ができる限り隙間なく、板どうしもできる限り平行である必要があります。

以前は仮止めでもわざわざ面を被って行ってたんですが、こっちのやり方を教えてもらってからはささっと仮止めできるようになりました。

溶接前の仮付け

 

本溶接は動画でどうぞ

 

こんな感じで溶接できました。

チタンマフラーのTIG溶接

 

 

WT-TIG160は直流TIG溶接機ですのでアルミの溶接はできませんが、ステンレスを始め鉄、チタンとアルミ以外の金属は大半が溶接できます。

片手で楽に持てる軽量具合もあって、現場への持ち運びにオススメです。

 

ご不明な点がありましたら、お気軽にお問い合わせ下さい。

株式会社WELD TOOL 092-834-2116

 

溶接機・切断機の専門店WELDTOOL