溶接機の選び方 船・マリン関係、 アンティーク加工、食品工場他 / 溶接機・溶断機・切断機の専門店・通販【WELDTOOL-ウエルドツール】

溶接機の選び方 船・マリン関係、 アンティーク加工、食品工場他

 

 

キレイにできるTIG溶接

 

TIG溶接は半自動溶接や被覆アーク(手棒)溶接と比べ、溶接個所が美しいのが特徴です。

半自動/被覆アーク溶接では、スパッタ(溶けた金属)が飛散し、ビード(溶接部)周辺にこびりついてしまいますが、TIG溶接ではスパッタは一切発生せず、音も静かです。

反面、溶接速度は半自動溶接には劣るので、車やバイクの部品、アンティーク品、マリン関係、食品工場などの、美観及び衛生管理が必要な仕事で多く使われています。

難易度としては、トーチを右手に溶接棒を左手に持って溶接する(溶接棒を入れずに溶接する”ナメ付け”もできます)必要がありますので、半自動溶接よりは若干難しいです。

 

 被覆アーク溶接とは
半自動溶接とは
半自動溶接機はこちら
WT-MIG160
ノンガス半自動溶接とは
ノンガス半自動溶接セットはこちら
WT-MIG160
直流TIG溶接とは
                         直流TIG溶接機はこちらステンレスの溶接に交流TIG溶接とは
                      直流/交流切り替え式TIG溶接機はこちらアルミの溶接に
仕上がり、使い分け