溶接・溶断記事の専門店

最新投稿

旋盤のバイトをある物とプラズマ切断機を使って格安自作

2017年04月06日

プラズマで切断した丸鋸の刃

こんにちは。

 

以前趣味で買った小さな旋盤を会社に置かせてもらってるんですが、本日新たにバイト(刃物)を作る必要がありましたので紹介します。

旋盤のバイトって物によってはかなり高いので、趣味で使っている程度のホビーユーザーにはなかなかの出費になるんですよね。それが比較的簡単に格安で作る事ができますので、興味のある方はご覧ください。

 

 

 

今回作るのは突っ切りバイトのブレードで、写真のような物で、丸いパイプや丸棒などを文字通り突っ切って切断するための刃物です。

 

突っ切りバイトのブレード

 

それをこのチップソーの刃で代用したいと思います。

過去に1つ作ったので既に一か所切り落とされていますが、今回新たにマジックで線を引いた部分を使ってバイトを作っていきます。

丸鋸の刃

 

 

いつものプラズマでサーっと切っていきます。

これは別にグラインダーの切断砥石とかで切ってもいいんですが、プラズマ切断機ならこれ一つ切るのに30秒もかかりませんし、切削するのと違って固定も適当でいいのでラクです。

丸鋸の刃をプラズマ切断

 

このように大雑把に切断できました。

プラズマで切断した丸鋸の刃

 

プラズマでは±1mm程度は誤差がでますので、若干大きめに切った物をグラインダーで形成していきます。

グラインダーで形成

 

固定用の穴も空けてこんな物が出来上がりました。

突っ切りバイト的な物

 

ちなみにこの草刈り機の刃は侮る事なかれ、刃先には超硬チップが付いており、これは普通のペーパーディスクなどでは簡単には削れません。

ですので、いつもタングステンを研ぐのに使っているダイヤモンドディスクを使って、用途に合わせた形状に整えます。

ダイヤモンドディスク

 

こちらも以前自作したバイト固定用のジグに取り付けるとこんな感じです。

ちなみに切れ味ですが、先端に超硬チップが付いているのもあってかなり良く、切れ味が悪くなっても量産できるので気楽に交換できます。

バイト固定用のジグ

 

旋盤に取り付けたところです。

旋盤の刃物台に固定し、刃物の高さ及び長さをある程度変える事ができるので、スケイタで何度も調整する必要が無く、楽に高さを合わせる事ができます。

旋盤に固定した突っ切りバイト

 

 

ちなみにかかった費用ですが、草刈り機用の超硬チップソーが1,000円程度で、他はその辺にあった角棒やボルトナットを使って作りましたので、全て揃えたとしても2,000円程度でできると思います。

しかも、1枚のチップソーから超硬バイトの刃を10枚ぐらい作る事ができそうです。

 

前回のビード加工機(失敗作)僚の足を引っ張ったどヘタ溶接と不調が続いていましたが、久しぶりにまともな物ができました

つまりはこういう事なのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「失敗は成功の母である」byエジソン

エジソン

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

(ドヤァ)

 

 

 

 

 

プラズマ切断機に関してご不明な点がありましたら、お気軽にお問い合わせ下さい。

株式会社WELD TOOL 092-205-2006

溶接機・切断機の専門店WELDTOOL