溶接・溶断記事の専門店

最新投稿

カブのシリンダーヘッドに空いた穴を溶接補修

2017年12月15日

穴を埋めたあと削って形成

こんにちは。

 

 

先日のことですが発送の準備をしていたところ、カブ(原付)のエンジンに穴が空いてしまったとのことでお困りの様子のご年配の方がいらっしゃいました。

普段は溶接修理はやってないのですが、発送業務が一息ついたのと乗り物好きが災い(?)して今回は溶接することに。

 

 

どうもシリンダーヘッドに穴が空いてしまったようで、そこからオイルが排気ポート側に漏れてくるとのこと。

その穴はバルブスプリングの上の部分なんですが、ちょっと分かりずらいですね。

カブのエンジンの穴

 

排気ポート側から見てみると、見事に穴があいています。どうやったらこんなところに穴が空くんだろう。。。

カブのエンジンの穴

 

それでは溶接していきます。

ここで肉を盛るようにアルミの棒を入れていくんですが、狭い部分なので溶接棒を鋭角に入れるしかなくて、かなり手こずりました。

また母材にもずいぶん油が浸潤しているようで、溶接を始めると煙がモクモクと立ち込めて、なかなか母材と溶接棒がな馴染みませんでした。

エンジンの穴埋め

 

 

これは失敗したな。。。と思ったので、いくらお金を取らないにしても「力になれずスイマセン」とお詫びしましたが「全然いいよ忙しいところ悪かったねぇ気にしないで」。。。とこんなやり取りがありました。

 

 

 

 

 

数日後

 

 

 

 

 

私が外から会社に戻ってきたところ。。。どん兵衛(カップうどん)1ケースがデスクの上に置いてあるじゃあありませんか(笑)

何でも上手くいったとのことで、お礼に持ってきてくれたそうです。

 

 

しかもその写真も撮ってUSBメモリに入れて持ってきてくれました。

溶接し終わったあとは写真も撮る気にならないぐらいボッコボコだったので、ちゃんと母材に馴染んでいるか心配だったんですが、上手く削れてますね!

穴を埋めたあと削って形成

 

 

こちらの写真はワッシャー?ガスケットを置いた感じですかね。

ちゃんと平行が出ていますね。

ガスケットを入れてチェック

 

 

 

どん兵衛も写真も良いのですが、個人的にはそのヘッドを使って治したカブで訪ねてこられたことが何よりも嬉しかったですね笑

いやーその姿を見たかった!

※今回は私の独断で修理させてもらいましたが、この記事を見たからといって来店されても困りますのであしからず。余程暇でない限り普通にお帰りいただきますのでご了承ください。

 

シリンダーヘッドの溶接以外にも、転倒してフィンが欠けた場合やフレーム補強、クラックの修理など様々な用途にご利用いただけるかと思います。

細かい内容までお問い合わせされたい場合は、直接お電話いただくのがより詳しく回答させていただけますのでお勧めです。

 

ご不明な点がございましたら、お気軽にお問い合わせください。

株式会社WELD TOOL 092-205-2006

 

 

 

 

 

 

溶接機・切断機の専門店WELDTOOL