溶接・溶断記事の専門店

最新投稿

鉄パイプをTIG溶接し、壊れたパーツの補修

2019年05月08日

こんにちは。

 

以前、在り合わせの材料で作ったタイヤチェンジャーのパーツが、力を加えると歪んで割れてしまったため、ちゃんとした部品で作り直すことにしました。

 

 

こちらが以前作ったパーツです。

単管パイプのジョイントなんですが、鉄と思ったらアルミの鋳物でした。

アルミのパーツ

 

 

 

アルミなのはまだいいんですが、鋳物の場合、溶接ができる物とできない(強度が出ない)物があります。

これは後者のようで、力を加えるとバキっと割れてしまいました。。

溶接してる最中からブクブクなってた(表現が難しいですが、こういうやつはダメなやつの可能性が高いです)ので、薄々感じてはいましたが、案の定って感じでした。

割れたアルミのパーツ

 

 

という訳で、力が加わっても大丈夫なように、肉厚な鉄パイプで作り直していきます。

鉄パイプを直角に溶接

 

 

とりあえずナメて溶接しますが、溶接した部分がへこんでおり、もうちょっと強度を出したいので

鉄パイプのナメ付け溶接

 

 

溶接棒も入れて2層目を盛っていきます。

溶接棒を入れて鉄パイプを溶接

 

 

完成です。

通常、パイプの溶接は難易度が高いのですが、厚みが3mm程度あったので、かなり楽に溶接できました。

鉄パイプのTIG溶接

 

 

 

弊社の溶接機についてご不明な点などございましたら、お気軽にお問い合わせください。

株式会社WELD TOOL 092-834-2116

 

溶接機・切断機の専門店WELDTOOL