溶接・溶断記事の専門店

最新投稿

トーチスイッチの交換方法

2021年08月01日

こんにちは!
弊社で販売している4機種のトーチスイッチの

交換方法をわかりやすく説明します。

(この4機種のトーチスイッチは共通のスイッチです)

TIG溶接機       ・WT-TIG160    ・WT-TIG200    ・WT-TIG315
            ・WT-TIG200mini    ・WT-MTIG250

 

エアープラズマ切断機  ・WT-60

 

 

まず用意してもらう物は

①はんだごて    ②はんだ   ③はんだ吸取線(無くても可)   ④ニッパー
⑤ワイヤーストリッパー(無くても可)

名称未設定-2

①スイッチを付け替えるトーチから結束バンドを切断してスイッチを取り外します。

001

②マイナスドライバーなどでスイッチの線が付いている部品を取り出します。

004

③取り外したら、赤と青の線をニッパーで切ります。

(線を短くしたくない場合ははんだ吸収などをご使用ください。)

003

④次はチューブを剥き、導線を出します。写真のように長めに導線を出してください。導線が短いとスイッチに取り付けるときに取り付けにくいです。

002

新たに導線を出しても、下の写真のようにスイッチケーブルには余裕がありますので問題ございません。

014

⑤導線をスイッチ部品に取り付けます。
下の写真を参考にしてください。

005

導線を入れ込んだら、外れないように根本で巻き付けます。(下の写真を参考に)

一本ずつ行ってください。

010

⑥はんだ付けを行います。

009

 

⑦はんだ付けを行った後、スイッチ部品をスイッチ本体に取り付けます。

名称未設定-1

※青の線と赤の線を分けるセパレーターがあるので、そこに合わせつつ、穴が2つあいていますので、位置を合わせ、しっかり奥まで押し込んでください。

スイッチが正常に動いてるか、スイッチを押して確認してください。

確認方法としては、「カチカチ」ときちんと音がしているか、緑のスイッチ部品の動きを目視で確認してください。押し込みが浅かったりすると、「カチカチ」の音が鳴らなかったりしますので、しっかりと確認してください。

 

⑧スイッチ本体を結束バンドで固定する

スイッチ本体にスイッチ部品を取り付けたら、結束バンドで本体に取り付けてください。

結束バンドを通す場所がありますので、そこに合わせて止めてください。(下の写真を参考)

余ったバンドはニッパーなどで切ってください。

011

⑨完成です。


013

012

以上で、スイッチ交換作業は終了です。

不明な点やご不明な点等ございましたら、お気軽にお問い合わせください。

株式会社WELDTOOL  福岡(営)092-834-2116 関東(営)048-954-8901

 

 

溶接機・切断機の専門店WELDTOOL