溶接機の選び方 構造物等の溶接 / 溶接機・溶断機・切断機の専門店・通販【WELDTOOL-ウエルドツール】

溶接機の選び方 構造物等の溶接

バリバリできる半自動

 

アングルやCチャン、角パイプなどを組んで溶接したり、構造物などの溶接には半自動溶接機が最適です。
半自動溶接は溶接ワイヤーが自動でノズルの先端から出てきて溶接しますのでアーク溶接(手棒)と比べて楽に溶接ができます。

スパッターが出るのでTIG溶接ほどキレイにはいきませんが、溶接スピードが速く、効率よく溶接ができます。

また、ノンガスフラックスワイヤーを使用すれば、ガスボンベも不要で、屋外の作業でも風の影響を受けず溶接できます。

 

構造物の溶接等、溶接個所が大量にある場合は炭酸ガスボンベを用意してWT-MIG250(三相200V)の使用をお勧めします。

農機具の補修溶接やDIY溶接など、溶接頻度もそこまで高くない場合、WT-MIG160(単相200V)でノンガス溶接がお勧めです。

 

 

 被覆アーク 溶接とは
アーク溶接機はこちら
WT-MIG160
半自動溶接とは
半自動溶接機はこちら
WT-MIG160
WT-MIG160
ノンガス半自動溶接とは
ノンガス半自動溶接セットはこちら
WT-MIG160
パルスミグ溶接機とは
パルスミグ溶接機はこちら
WT-MIG225AL
直流TIG溶接とは
                         直流TIG溶接機はこちらステンレスの溶接に ステンレスの溶接に 交流TIG溶接とは
                      直流/交流切り替え式TIG溶接機はこちらアルミの溶接に アルミの溶接に
仕上がり、使い分け