エアーコンプレッサーのドレン抜きは定期的に! / 溶接機・溶断機・切断機の専門店・通販【WELDTOOL-ウエルドツール】

最新情報

エアーコンプレッサーのドレン抜きは定期的に!

2018年04月19日

こんにちわ。

弊社ではエアープラズマ切断機を販売しており、その機械はエアーコンプレッサーを接続して使用します。

今までも多くのお客様に販売し、その後のサポートも行っております。

その中で、様々なことが原因で切断できない場合があり、問い合わせをいただくことがあります。

 

原因は様々ですが、その一つとしてエアーコンプレッサーの水分が除去されておらず、その水分がプラズマ切断機のトーチ先端部分まで到達し、アークが発生せず切断できないことがあります。

 

他のエアーツールの故障の原因にもなりますのでエアーコンプレッサーのドレン抜き(水分除去)は定期的に行うことをお勧めします。

とくにこれからの季節は湿気が多くなりますので。。

 

ということで弊社で使用しているコンプレッサーのドレン抜きを行いました。

 

タンクの下の方にネジがあり、それを緩めるとタンク内の水分が出てきます。タンク内のサビと混じって赤茶色になっています。

まだ購入して2~3か月ですがけっこう出てきました。

エアーコンプレッサードレン

 

 

ドレン抜きは定期的にしなくてはいけませんが、こちらのドライフィルターをコンプレッサーに接続することで水分がある程度除去されるようで、買ってみました。(950円程度)

ドライフィルター

 

ドライフィルター装着前

IMG_20180418_134242

 

ドライフィルター装着後

ドライフィルター装着

 

これでこれから来る梅雨の時期も安心!?

とは言っても定期的にドレン抜きは行いましょう。

他にも自動でドレン抜きをしてくれるオートドレントラップ、オートエアートラップという装置もあるようです。