最新情報 / 溶接機・溶断機・切断機の専門店・通販【WELDTOOL-ウエルドツール】

最新情報

2022年05月19日

こんにちは、WELDTOOL関東営業所です。

 

今回は、立体造形物(舞台やイベント等に使用するセット)や立体看板などの製作を手掛けている

株式会社くれよん様に直流/交流TIG溶接機 WT-TIG200を納品、取扱説明に行ってきました。

 

< 株式会社くれよん ←クリックするとページへ移動します。(ご興味のある方はご覧下さい)

(快く撮影のご協力ありがとうございました)  伝説のジミ・ヘンドリックスだ~↓ デカ! 😯

株式会社くれよん,立体造形,立体看板,製作

立体造形物 立体造形物

⇧これトイレだそうです。 なんか愉しそうなものが、いろいろありました 😀

 

訪問すると、既に立派な折り畳み式の溶接作業台を自作されており、ここに溶接機をセットしまし

た。流石これ位の物を造るのは、お手の物ですね!

TIG溶接機, WT-TIG200, 溶接作業台, 作製

 

作業スタッフさんが何名か集まって来ましたが、その内の3名の方は事前に弊社に来店された時に

試されていたので、まだTIG溶接をされた事が無い初心者の方に説明しながら溶接をしてもらい

ましたが!、トップバッターは、なんと若手の女性の方でした。

溶接女子,初心者,TIG溶接

 

TIG溶接の基本中の基本のナメ付け(共付け)溶接をステンレスでしてもらいました。

真直ぐで溶接ビードが揃っていて上手かったです。

ご本人さんも、「TIG溶接は、楽しい! 😀 」と、喜んでおられました。

TIG溶接,SUS,ステンレス,ナメ付け溶接,共付け溶接

 

次の人には、アルミに溶接棒を入れて溶接してみてもらいました。

TIG溶接,アルミ溶接, 初心者

 

やはり最初は、アルミ特有の溶け方に少し戸惑ってましたが、慣れてくると上手くできる

ようになりました。

TIG溶接,アルミ溶接, 初心者

 

最後に大トリさんは、実践に近いアルミの角パイプを隅肉で溶接してみました。

皆さん、興味深々です!

TIG溶接,アルミ溶接, 隅肉溶接, 初心者

TIG溶接,アルミ溶接, 隅肉溶接, 初心者

 

スタッフの皆さんでいろいろと溶接を試されました。

TIG溶接, 初心者,溶接の練習, TIG溶接機, WT-TIG200, TIG溶接, 初心者,溶接の練習

 

段々と人が増えて、7~8名のスタッフさんが順番に溶接を試され、気が付くとお昼の時間も

忘れて練習しました。

皆さん、ものづくりが好きな人達の集まりで愉しそうな雰囲気の工場でした。

この溶接機を活用してもらい夢がある楽しいものが創られると良いですね 😀

ありがとうございました。

 

この度は、直流/交流TIG溶接機  WT-TIG200をご購入いただき、誠にありがとうございます。

また何かございましたら、お気軽にお問い合わせ下さい。

 

弊社溶接機のご購入の検討に際まして、福岡本店、関東営業所に実機がありますので

お試しいただけます。

また、お近くでしたらデモにお伺いしますので、お気軽にご連絡ください。

福岡本店:092-834-2116

関東営業所(埼玉):048-954-8901

 

今回使用した機種の詳細はこちらよりご覧になれます。

 直流/交流TIG溶接機 WT-TIG200

※クリックすると商品ページへ移動します。

 

 

2022年05月19日

 

この度ご要望にお応え致しまして、

TIG溶加棒【アルミ】Φ2.0/Φ3.0mmの2サイズセットを販売開始致しました。

それぞれ2.5kg/計5kgございます。

 

アルミをする際は鉄、ステンレスと比べ多く棒を入れる事になると

思いますので、溶加棒は若干太目がオススメです。

 

実際に溶接を行った画像です。

板厚、電流数値も異なりますが、参考までに。

アルミ比較3.0

 

Φ2.0mm

アルミ比較2.0

 

Φ3.0mm

アルミ 棒比較

 

ビード幅の差は約2mmくらいでした。

板厚5mm以上、隅肉溶接が多い方はアルミ棒Φ3.0も是非一度お試し下さい。

 

商品はこちらより確認出来ます。

TIG溶加棒 鉄、ステンレス、アルミ等

※クリックすると別ページに表示されます。

 

他、ご不明な点がございましたらお気軽にご連絡下さい。

株式会社WELDTOOL

【福岡本社】092-834-2116 【関東営業所】 048-954-8901

 

 

2022年05月13日

 

こんにちは、WELDTOOL関東営業所です。

 

千葉県山武市でミニクーパーを専門に整備・販売及びパーツの販売を行っているBL Cars Ltd.

(有限会社ビーエルカーズ)に直流/交流TIG溶接機 WT-TIG200のデモをしました。

 

↓↓↓ ※クリックするとページへ移動します。(ご興味のある方はご覧下さい)

.ビーエルカーズ工場.

BL Carsさんは、車の整備に関してはプロで自信を持っておりますが、オリジナルパー

ツ製作などで必要に成るステンレスやアルミなどの(TIG)溶接については経験が無く、

「溶接機を購入したいが、溶接方法や操作について不安がありレクチャーして欲しい」

と、ご要望で訪問する事になりました。

ビーエルカーズ店内

店内はミニ専門店らしいヴィンテージな感じがして良い雰囲気でした 😀

 

訪問し先ずは、溶接機と作業台のセッティングです。丁度、整備用の良さげなリフト

が空いていたので、上に鉄板を敷いて溶接作業台の代わりに使わせてもらいました。

作業し易い高さに調整できるので、これ作業台に凄く便利です (笑)

WT-TIG200,TIG溶接機,デモ,ミニクーパー,専門店

 

 

準備が完了し、最初に溶接機の操作説明と併せてアルミ溶接の仕方を説明しました。

その後、実際にアルミ溶接を試してもらいました。

TIG溶接,アルミ溶接,初心者,コツ

 

様子を動画でご覧下さい。↓↓↓

 

 

つづいて、ステンレス・マフラーを繋いだりする作業が多いそうで、実際に使用している

ステンレスのパイプ(厚み1.2mm)の溶接の方法を説明し、試してもらいました。

↓↓↓動画でご覧下さい。

 

 

最後に一番高度な溶接になります。

なんと!厚みが0.8mm位の薄いパイプで隙間が数ミリ有るステンレスのパーツの溶接の方法を

教えて欲しいと頼まれました。(何の部品か?忘れてしまいましたが…(笑))

↓↓↓動画でご覧下さい。

 

 

一通り説明を終え、

今までは、BL Carsさんは自分達に溶接ができるのか?不安で購入をためらっていた様ですが、

今回、デモを見ているだけではなく実際に試し貰い、コツが判れば自分達にもできる!と、安心され

ご注文を頂きました。

 

この度は弊社の溶接機をご購入いただき誠にありがとうございました。

何かご不明な点がございましたらお気軽にご連絡下さい。

 

 

弊社溶接機のご購入の検討に際まして、福岡本店、関東営業所に実機がありますので

お試しいただけます。また、お近くでしたらデモにお伺いします。

お気軽にご連絡ください。

株式会社WELDTOOL

【福岡営業所】 092-834-2116 【関東営業所】 048-954-8901

 

今回使用した機種の詳細はこちらよりご覧になれます。

 直流/交流TIG溶接機 WT-TIG200

※クリックすると商品ページへ移動します。

 

2022年05月02日

 

こんにちは、WELDTOOL関東営業所です。

 

今回、産業廃棄物のリサイクル業者さんに新機種エアープラズマ切断機 “WT-100S”

納品しましたのでご紹介します。

産業廃棄物のリサイクル

 

このお客様は、今まで旧機種の“WT-100”を数台使用していたのですが、使用頻度が高い上

に可成りハードに使用するため、傷むのも早くその都度、修理しがら使っていました。

そこで今回、新機種 “WT-100S”が販売されるにあたって、こちらの方が切断能力が高く、

そして、新機能のトーチスイッチの自己保持により作業能率が向上し、また、耐久性も良く

なるので、お勧めしたところ即購入して頂きました。ありがとうございました。

プラズマ切断機,WT-100S

 

 

訪問すると丁度、厚6mmもある巨大なステンレスのタンクを解体していたので、

早速、作業者の方に使用してもらい切断し試して貰いました。

ステンレスタンク,プラズマ切断

 

<↓↓↓切断の様子を動画に撮らせて頂きました。興味のある方は是非ご覧ください。>

 

動画をご覧になった方は、簡単に片手で切断トーチを操作しているのが判ったと思います。

これは、新機能の自己保持を使用する事で<トーチスイッチを離したまま切断ができる>為です。

ステンレスタンク,プラズマ切断,プラズマ切断機,WT-100S

 

この自己保持機能により、長い距離を切断する場合には格段に作業性がアップします!

<自己保持(4T)機能>動画↓↓↓

 

また、このプラズマ切断機の切断能力は、最大板厚40mmまで切断できるため、

6mm程度の厚みのステンレスは、アッという間に切断ができてします。スゴイ~! 😯

参考例 <30mmの鋼板を切断>動画↓↓↓

 

ステンレス(タンク) 厚み6mmの切断面

ステンレスタンク,プラズマ切断,プラズマ切断機,WT-100S

 

という事で、作業が早く楽になり作業者の方たちは大喜びで、喜んでもらいました。 😀

この度は、プラズマ切断機をご購入いただき、誠にありがとうございました。

また何かございましたら、お気軽にお問い合わせ下さい。

 

この新機種エアープラズマ切断機 “WT-100S”は、ご覧頂いた通り、高性能で

他社の同等機種に比べてかなり安価でコスパが高いのでお勧めです。

弊社プラズマ切断機のご購入の検討に際まして、福岡本店、関東営業所に実機がありますので

お試しいただけます。

また、お近くでしたらデモにお伺いしますので、お気軽にご連絡ください。

福岡本店:092-834-2116

関東営業所(埼玉):048-954-8901

 

今回使用した機種の詳細はこちらよりご覧になれます。

エアープラズマ切断機WT-100S(三相200V)

※クリックすると商品ページへ移動します。

 

 

 

 

 

2022年04月27日

 

こんにちは。WELDTOOL福岡本社です。

 

今回の機種はSシリーズ初となるエアープラズマ切断機「WT-100S」

デモに行ってきました。こちらは先日リリースしたばかりですが、嬉しい事に

続々とお問い合わせをいただいております。

 

 

今回デモに行った会社様には数日前に弊社まで脚を運んでいただき、

実際に切断機を使用してもらいました。

IMG_20220310_135029

IMG_20220310_134924

IMG_20220310_134710

IMG_20220310_135059

 

20mm程度ならサクっと切断出来ます。

IMG_20220310_135455

 

 

 

 

設定もシンプルですので機械の使いやすさ、切断能力は使用されて分かって頂けたんですが、

日によっては結構ハードに使用されるみたいで、耐久性の確認を兼ねて

後日、こちらからデモに伺いました。

(写真撮影のご協力ありがとうございました)

 

5

ダイヤルは2つ。電流(パワー)とアフターフロー(切断終了後エアーを出す秒数)の

調整のみです。はじめて使用する人でも難しい設定などはなく、すぐに切断出来ます。

 

先ずは使用方法等の確認をして実際に切断をしてもらいました。

7

 

 

まずは、メインとなるステンレスの切断

6

10

8

13

画像の通り、分厚いスンレスも切断
12

11

 

続いて鉄の切断

14

16

 

アルミ切断

アルミ9

 

 

更に台代わりに使用していたドラム缶も切断!

15

 

こちらは動画でご覧下さい。

 

ドラム缶切断動画 ショートver

 

ドラム缶切断動画 通常ver

 

約1時間くらいでしょうか。連続でこれだけ使用しても全く問題ありません。

(交代の時以外はほぼ連続です)

 

現場の方が、みなさん口を揃えて

切断が楽!」「これだけの厚物を短時間で切断できるのは良いね!」と

お褒めの言葉を頂き、その場で購入していただきました。

 

 

こちらのSシリーズの商品は安心の3年保証付き。興味のある方は

お気軽にお問い合わせ下さい。切断動画も随時更新していきます。

 

今回使用した機種はこちらより詳細確認ができます。

エアープラズマ切断機「WT-100S」のページへ移行する。

※クリックすると別ページに表示されます。

 

 

株式会社WELDTOOL

【福岡本社】 092-834-2116 【関東営業所】 048-954-8901

 

 

2022年04月26日

こんにちは。

 

 

新型のプラズマ切断機WT-100SをCNCプラズマとして使われているお客様がいらっしゃいますので、実際に切断するところを見学させて頂きに行ってきました。

芸術用品の製作に使っているとのことでした。

工芸用品会社

 

 

 

 

 

ありました、WT-100Sですね。

以前はアメリカ製のプラズマ切断機を使っていたとのことですが、評判は良い割によく故障し、修理代金が高額でWT-100Sの新品と大して変わらない金額の請求が来る。。。と仰られてました。

WT-100S

 

 

 

 

 

こちらの鉄板をCADで引いた図面通りに切り出していく所を撮影させていただきました。

1820*910でしょうか。相当大きいです。厚みは聞き忘れたんですが5mm程度でした。

 

これを狙った形状に人間が切るとなると、、無理ですね(笑)

円切りコンパスなどを駆使したとしても、相当時間がかかりそうです。

CNCプラズマ切断

 

 

 

 

切断の様子を動画に撮らせて頂きました。興味のある方は是非ご覧ください。

 

 

 

 

 

ものの5分で切り出されました。早いっっ

CNCプラズマ切断した鉄板

 

 

 

 

 

切断面も非常にキレイです。

切断面

 

 

 

 

 

こちらの細い方を骨組みとして使われるそうです。

切り出した骨組み

 

 

 

 

 

ついでにこちらは厚み10mmの鉄板を同じようにWT-100Sで切断した時の物だそうです。

旧製品のWT-100と比較でアークが明らかに強く、切り口がキレイですね。

プラズマ切断した鉄板

 

 

 

参考までに旧製品WT-100との違いを大まかにまとめました。

 

WT-100S(新製品) WT-100(旧製品)
切断能力 最大40mm程度(軟鋼) 最大25mm程度(軟鋼)
電源/定格入力 三相200V/15.5KVA(最大入力電流:40A) 三相200V/15.7KVA(最大入力電流:40A)
サイズ/重量 重量約30kg、下記寸法は取っ手キャスター含む

幅 :282mm
奥行:555mm
高さ:550mm

重量約24kg、下記寸法は取っ手含む

幅 :260mm
奥行:530mm
高さ:470mm

保証期間 3年 1年
その他特徴 強力なパイロットアークによりプラズマスパークの持続性が良いため、上記CNC機との相性が良い(切断時の母材の歪によるギャップにもある程度はスパークを維持)。

アフターフロー秒数変更可能で、消耗品の冷却もしつつ薄板切断時は無駄なエア消費を抑え、コンプレッサーへの負担を最小限に。

現在モニター価格にて約2万円のキャッシュバック有ります!!

販売価格が多少安価。

 

 

 

 

その他、WT-100Sとアメリカ製プラズマ切断機の良し悪しをお聞きしましたので、そちらは後ほどお客様の声として紹介させて頂きます。

 

お客様の声公開しました。

 

どちらも実際に使われた方からの感想ですので、参考までにどうぞ。

 

 

この度は、溶接機・切断機をご購入いただき、誠にありがとうございました。

また何かございましたら、お気軽にお問い合わせ下さい。

弊社プラズマ切断機のご購入の検討に際まして、福岡本店、関東営業所に実機がありますので

お試しいただけます。

また、お近くでしたらデモにお伺いしますので、お気軽にご連絡ください。

福岡本店:092-834-2116

関東営業所(埼玉):048-954-8901

 

今回使用した機種の詳細はこちらよりご覧になれます。

エアープラズマ切断機WT-100S(三相200V)

※クリックすると商品ページへ移動します。

 

2022年04月22日

 

こんにちは、WELDTOOL関東営業所です。

 

今回は、特殊なボルト・ナット、ステンレスボルトや特殊鋼ボルトを製造している、国内でも

有数な工場さんにWT-MIG250半自動溶接機WT-TIG200mini溶接機を納品しました。

 

合間を見て、工場(製造工程)を見学させて貰いありがとうございました。m(_ _)m

ボルト , ステンレスボルト , 特殊鋼ボルト

この山積みのボルト、写真で見ると小さく見えますが、実物はもの凄くデカいです。

長い物は500mm以上もあり、太さは50~60mm位有ります。また製造中の写真は撮影

できませんでしたが、もっとバカでかいボルト(ステンレス製)も製造してました! 😯

 

ボルト・ナット製造, 半自動溶接機, WT-MIG250

 

話しを本題に戻します。

今回、溶接機の購入の目的は、ボルトの製造上の設備の改善や開発、治具などの製作に使

用するそうです。そして、お客様は「他の大手メーカーさんで溶接機を購入すると1台分

で、WELDTOOLだと2(機種)台(半自動とTIG溶接)が購入できる! 😆 」。

また、事前に溶接講習を受けて、溶接機の性能は充分に満足されて購入頂きました。

 

ボルト・ナット製造, 半自動溶接機, WT-MIG250, TIG溶接機, WT-TIG200mini

セッティングが完了しました。

TIG溶接機は梱包のままですが、担当者さんが既に受けた溶接講習で確りとマスターして

いるので、今回は容易に溶接が行える半自動溶接機 WT-MIG250を、そのほかの作業者の

皆さんに取扱説明及び溶接の仕方をレクチャーします。

 

では、溶接をされる作業者の皆さんに手を止めて集まって頂き、先ず取扱説明を行いました。

このWT-MIG250は、シンプルで簡単な操作で溶接がおこなえるので直ぐに説明が終わり、

実際に溶接の仕方を説明しました。

溶接の仕方, 溶接のコツ, 半自動溶接, 半自動溶接機, WT-MIG250

順番に交代しながら溶接を試してもらいました。

 

その中で、被覆アーク溶接(手棒溶接)の経験が有る方は、最初は手棒溶接の癖がついて

おり溶接トーチの先端を母材(鉄板)から離してしまい戸惑ってました。

半自動溶接は手棒溶接と違い離せば離すほど溶接電流(出力)が下がり不安定になり溶け

込みが悪くなります。

溶接の仕方, 溶接のコツ, 半自動溶接, 半自動溶接機, WT-MIG250

その為、出来るだけ溶接トーチが母材から離れにように、またブレないように左手

(利き手の反対)でサポートしてもらい安定させるようにしました。

また、慣れるまでは溶接電流、電圧を抑えめに設定し、ゆっくりとトーチを送り、

溶接部を見てしっかり溶かして溶接してもらいました。

半自動溶接のコツはそれだけで、それだけ覚えれば簡単です。

 

慣れるまで初めは、少し戸惑っていましたが、2~3回溶接すると直ぐにコツを掴みました。

そして、上手く溶接ビードが引けると「面白れぇ~」「これで、造りたい物ができる~」と、

喜んでました。

半自動溶接は一番容易にできる溶接方法なので、後は実作業で溶接しながら覚えていけば

直ぐに出来るように成ります。

この度は、WT-MIG250半自動溶接及びWT-TIG200mini溶接機をご購入いただき、

誠にありがとうございました。また何かございましたら、お気軽にお問い合わせ下さい。

 

 

弊社溶接機のご購入の検討に際まして、福岡本店、関東営業所に実機がありますので

お試しいただけます。

また、お近くでしたらデモにお伺いしますので、お気軽にご連絡ください。

福岡本店:092-834-2116

関東営業所(埼玉):048-954-8901

 

今回使用した機種の詳細はこちらよりご覧になれます。

インバーター半自動溶接 WT-MIG250

※クリックすると商品ページへ移動します。

 

 

 

 

 

 

 

2022年04月22日

こんにちは!

WELDTOOL福岡本社です。

 

福岡市西区にある会社様にエアープラズマ切断機・TIG溶接機計2台を納品させていただきました。

お話を聞くと、自分たちでDIYを行っていく予定のことでした!

 

rpt

 

切ったり、溶接したりと楽しみですね!

DIYということで、使い方も兼ねて説明させていただきました。

IMG_20220419_140016

まずは、WT-100のセッティングをさせていただきまして、早速切断テストをやってみます!

 

今回、切る物はこちらになります。

IMG_20220419_140457

お客様の倉庫にあったものです。

 

準備が整ったので、早速切って・・・

IMG_20220419_140715

 

切っていきます!!

 

IMG_20220419_140746

 

あっという間に真っ二つです!!すごい!

IMG_20220419_140800

このぐらいの厚さなら、楽に切ることができます!

 

実際の動画をご覧ください!!

 

 

 

 

次に、TIG200の使い方の説明をさせていただきました。

IMG_20220419_142512

TIG溶接にはアルゴンガスや溶接棒が必要になります。

 

実際に溶接をしてみます!

IMG_20220419_143036

 

次にフラットバーを試しにつけてみます!最初に点付けを行います。

IMG_20220419_144038

 

IMG_20220419_144207

 

このような感じで溶接出来ました!

問題無く溶接出来ています!強度を出す場合、表裏、左右も溶接するといいと思います。

ただ、くっつけばよい場合は上部だけでも問題無いです。

 

IMG_20220419_144345

 

 

この度は、溶接機・切断機をご購入いただき、誠にありがとうございます。

また何かございましたら、お気軽にお問い合わせ下さい。

弊社溶接機のご購入の検討に際まして、福岡本店、関東営業所に実機がありますので

お試しいただけます。

また、お近くでしたらデモにお伺いしますので、お気軽にご連絡ください。

福岡本店:092-834-2116

関東営業所(埼玉):048-954-8901

今回使用した機種の詳細はこちらよりご覧になれます。

WT-TIG200(200V)
エアープラズマ切断機WT-100(三相200V)

※クリックすると商品ページへ移動します。

 

2022年04月14日

 

こんにちは、WELDTOOL関東営業所です。

 

今回は、大学生さん2名の方(男性1名と女性1名)にTIG溶接でアルミ溶接の講習を行いました。

「学生フォーミュラー日本大会」に向けてレース車両を設計・製作しているそうです。

 

FormulaTMU

 

. ← (ご興味のある方はご覧下さい)

. ※クリックするとページへ移動します。

 

 

その中で今回は、「アルミタンクにステーを溶接したいが、アルミ溶接の基礎が判らず

手古摺っている。(鉄の溶接は経験有り)」と、受講のご要望をいただきました。

.                       (撮影のご協力ありがとうございました)

TIG溶接,アルミ溶接,初心者,溶接講習,直流/交流TIG溶接機,WT-TIG320S,

 

学生さんに講習するのは初めてで、なんか先生みたいな教え方をしないといけないのかと

思うと、こちらの方が緊張してしまいます。(笑)

 

それでは、<STEP 1>です。

いつもながら最初は、右手(利き手)の溶接トーチの送りを練習します。

①アーク長を維持しながら適正な大きさの溶融プールをつくる

②溶融プールの幅を揃えながら前に伸ばして真直ぐ進める

 

<↓↓↓ 実際に溶接している動画です。ご覧下さい>

 

右手トーチの送りが安定しているのが良く分かると思います。

一人は右手の片手で、他方は左手で右手を軽くサポートしてますね。

 

TIG溶接,アルミ溶接,ナメ付け,初心者,溶接講習 TIG溶接,アルミ溶接,ナメ付け,初心者,溶接講習

鉄の溶接経験はあるので、2~3本溶接ビードを引いただけで直ぐに上手くできました。

 

続いて<STEP 2>です。

③溶融プールの端に溶接棒を適量入れる(棒の先端を溶融プールにチョンと浸ける)

ここは棒を入れたら一旦、溶接を止めます。これを繰返し練習し、棒を入れて抜く(適量)

タイミングを覚えてもらいます。

TIG溶接,アルミ溶接,溶接棒入れ,初心者,溶接講習 TIG溶接,アルミ溶接,溶接棒入れ,初心者,溶接講習

これまた、一人が一本(10~20個)ずつ練習したら、もう要領を掴んだようです。

 

では、<STEP 3> アークを切らずに連続で棒を入れていきます。

④溶融プールの形成と溶接棒入れを一定のリズムで繰返し前に進める

 

<↓↓↓ 実際に溶接している動画です。ご覧下さい>

 

TIG溶接,アルミ溶接,初心者,溶接講習 TIG溶接,アルミ溶接,初心者,溶接講習

二人が交代で練習してます。他の人が溶接している処を見る方がリラックスした状態で見れるので、

良い点、悪い点が判って理解し易いです。

TIG溶接,アルミ溶接,初心者,溶接講習 TIG溶接,アルミ溶接,初心者,溶接講習

もう十分にアルミの溶け方に慣れたようです。

 

そして、<STEP 4>

実際に溶接したいもの(アルミタンクにステーを重ね溶接する)により近い溶接をしてみます。

TIG溶接,アルミ溶接,初心者,溶接講習 TIG溶接,アルミ溶接,初心者,溶接講習

顔を溶接部に可成り近づけているのが分かりますが、やはり溶接は、溶融プールを良く見て観察

する事が一番大事だと思います。

あと、2枚の溶接ビードを比べると形状が違いますが、同じ物を同じ様に溶接しても其々の個性

が出ますので面白いですね 😀

 

最後に、大学で使用しているTIG溶接機の操作方法で、分からない機能が有るそうなので、

TIG溶接機の機能(知識)をいくつか説明しました。

その中で、パルス溶接を実際に溶接して見てもらいました。 ↓↓↓<動画をご覧下さい>

TIG溶接,アルミ溶接,初心者,溶接講習,パルス溶接

 

 

.  箱やカバーの角継ぎ溶接

.(ナメ付け)などに便利な機能です。

 

 

 

 

 

 

短時間の講習でしたが、直ぐにアルミ溶接ができるようになり学生さんも自信がついたようです。

さすが、育ち盛りで習得が早いですね。 😆

後は、大学に帰って、もう一度練習してから本番のアルミタンクを溶接するそうです。

 

その後は、全てを完成させて9月には「学生フォーミュラ日本大会2022」が開催されるそうです。

皆さまが、力を出し切れるよう心から応援しています。

この度は、溶接講習にご参加いただきありがとうございました。

また何かご不明な点がございましたらお気軽にご連絡下さい。

 

 

今回、講習に使用した機種の詳細はこちらよりご覧になれます。

<新機種> 水冷ユニット搭載インバータ直流/交流TIG溶接機 WT-TIG320S

※クリックすると商品ページへ移動します。

受講された学生さんからご感想を頂きました。

「大学で使用している溶接機では上手くアルミ溶接ができなかったが、これだと上手くいく?」

「液晶ディスプレイも判り易く、設定も材質と厚みを選択すればオートなので、簡単便利ですね!」

 

 

 

2022年04月08日

 

こんにちは、WELDTOOL関東営業所です。

 

今回は、映画・TV・CM等の撮影に使用するセットや背景、美術品や大道具などの制作を手掛け

ている株式会社Oosawa様にパルスミグ(半自動)溶接機(アルミ溶接に使用)を納品、取扱説明に

行ってきました。

Oosawa TV・映画・CM・MV・舞台など撮影美術製作専門 閃きと実現力で、革新的なデザインを手掛けます。

↑↑↑ ※クリックするとページへ移動します。(ご興味のある方はご覧下さい)

 

訪問した時には、 😯 その当時の古いセスナ機(たぶん?)を原寸大で製作されていましたが、

これは残念ながら撮影禁止でした。      (快く撮影のご協力ありがとうございました)

株式会社Oosawa,映画,TV,CM,撮影美術製作

 

アルミ溶接,半自動溶接,MIG溶接,パルス溶接,WT-MIG225AL

 

セッティングは、作業者の皆さんが手伝ってくれてあっという間に完了しました。

そして、早く溶接を試してみたいようで、 今か今かと待ち切れない様子で待ち構えてました。

その為、いつも先に行う操作説明は、お試し溶接と同時進行にしました。

 

一番手は、もちろん社長です!

アルミ板の厚み6mmを溶接して溶接性を確かめています。<その時の様子です 😮 >

第一声に「溶接し易い!」「特にワイヤーの送りが良い!」と好評価を頂きました。

 

説明が遅れましたが、このパルスミグ溶接機はスプールガンが使用できます。

スプールガンだと手元にワイヤーをセットするので、柔らかいアルミ・ワイヤーでも抜群な

送給ができます。Oosawaさんは、既に使用している溶接機でアルミ溶接をしていましたが、

標準的な溶接トーチでなので、やはりワイヤーの送給性に難が有ったそうです。

アルミ角パイプ,アルミ溶接,半自動溶接,MIG溶接,パルス溶接,WT-MIG225AL,スプールガン

 ⇧こちらが、スプールガンです。

 

「ご興味を持たれた方は、こちらの動画をご覧下さい」↓↓↓

 

また、スプールガンのケーブルの長さは10Mもあり、作業範囲が広がります。

大澤社長も「今回の飛行機の様な大きな構造物の製作の場合には、通常の溶接トーチでは届か

ないのでスプールガン仕様を購入した」と、仰ってました。( 納得です 😆 )

(通常のトーチだと、ケーブルの中をワイヤーが通るので送給性上、ケーブル長は2~3mまで)

アルミ溶接,MIG溶接,パルス溶接,WT-MIG225AL

 

厚板6mmの溶接に続いて、今度はアルミ角パイプ2mmの薄板を試してます。

アルミ角パイプ,アルミ溶接,半自動溶接,MIG溶接,パルス溶接,WT-MIG225AL,スプールガン

 

何れの溶接も結果良好です。<アルミ板材 6mmとアルミ角パイプ 2mm>

アルミ角パイプ,アルミ溶接,半自動溶接,MIG溶接,パルス溶接

 

3~4名の作業者の方たちが順番にアルミ溶接を試され、皆さん口を揃えて「オオー楽だよね!」

「溶接し易いね!」と、ご感想いただきました。ありがとうございます。 😆

このパルスミグ溶接機で溶接された飛行機が、どんな映画に使用されるのか気に成る処です。

是非、その映画のシーンを見てみたいですね。

 

この度は、パルスミグ溶接機 WT-MIG225ALをご購入いただき、誠にありがとうございます。

また何かございましたら、お気軽にお問い合わせ下さい。

弊社溶接機のご購入の検討に際まして、福岡本店、関東営業所に実機がありますので

お試しいただけます。

また、お近くでしたらデモにお伺いしますので、お気軽にご連絡ください。

福岡本店:092-834-2116

関東営業所(埼玉):048-954-8901

今回使用した機種の詳細はこちらよりご覧になれます。

パルスミグ溶接機WT-MIG225AL スプールガン仕様

※クリックすると商品ページへ移動します。