トラックのステンレスフェンダーをマイクロTIG溶接機で製作 / 溶接機・溶断機・切断機の専門店・通販【WELDTOOL-ウエルドツール】

最新情報

トラックのステンレスフェンダーをマイクロTIG溶接機で製作

2021年10月13日

こんにちは。

久しぶりにお客様の所へデモに行ってきました。

 

 

 

 

トラックのフェンダーを自作したが、通常のTIGで溶接したので歪が酷くて大変だと仰られてました。

お近くの会社様で、前日に来店→簡単にご説明してご注文は頂いていましたので、本日納品ついでに使い方の説明をさせて頂きました。

トラックのフェンダー

 

 

 

 

 

一通り説明とセッティングと説明を終えた後、「じゃあ試しにこれやってみて」と出されたのは、本物のフェンダーです(汗)

まさか実際に使うやつを出されるとは。。。しかもピカピカの鏡面品です(滝汗)

トラックフェンダー全体

 

 

 

 

 

大物ですが、非常に精度よく曲げてあります。これだけピシッとくっついていれば、溶接棒無しでもいけそうです。

失敗しても気にしなくていいよ!!と仰って頂きましたが、見るからに材料費と加工費かかってそうな気が。。。なおさら失敗できません(滝汗)

ステンレスフェンダーの素材

 

 

 

 

 

 

恐る恐るマイクロTIGのパルス有りモードで溶接しましたが、上手くいきました。

母材が鏡面でピントがなかなか合わず、写真では暗く映ってしまっているんですが、実際はキレイな黄金色(焼け少)です。

「これだったらあえて研磨せずビードを残すって手もあるなぁ」と満足して頂けました。

マイクロTIG溶接

 

 

 

 

 

ただ、ぶっつけ本番で多少焼けが入ってしまいましたので、もうちょっと設定を煮詰めたら焼け無しでいけますとお伝えしたところ、「そしたらこっちでもやってみて!」とのこと(汗)

自分でハードルを上げてしまい内心ヒヤヒヤものだったものの、何とか上手くいきました。これまたピントの関係で暗いんですが、銀色のピカピカビードです。

お客様にも「素晴らしいね!」と仰っていただき、心からホッとしました(;’∀’)

マイクロTIG溶接焼け無し

 

 

 

 

 

ついでに新機種(100V/200V兼用アーク溶接機)も試して頂きました。

100V/15Aの発電機で使用、φ2.6の溶接棒でしたがバッチリでした。200Vに繋げばもっと太い棒もご利用頂けます。引き続きテストし、問題なければ来年初旬発売予定です。

本当はこれも欲しいと仰っていただきましたが、すいません試用機なので1台しかないんです。。

新型アーク溶接機

 

 

 

 

緊急事態宣言も明けましたので、溶接講習やデモも再開しております。

お近くの方でご利用に不安がある方は、お気軽にお問い合わせください。

 

株式会社WELDTOOL
本社 福岡県福岡市西区吉武380-2 TEL:092-834-2116
関東(営)埼玉県八潮市木曽根1229-1  TEL:048-954-8901