アルミホイール修理を始める工場さんに、TIG溶接機のデモに行ってきました。 / 溶接機・溶断機・切断機の専門店・通販【WELDTOOL-ウエルドツール】

最新情報

アルミホイール修理を始める工場さんに、TIG溶接機のデモに行ってきました。

2021年05月26日

 

こんにちは、関東営業所の磯部です。

 

車の鈑金塗装工場さんでアルミホイールの修理を新たに始めたいと言うことで、

TIG溶接機のデモに行ってきました。

 

工場に入り周りを見渡すとベンツばかりで驚き!

それで、デモ用に用意されたアルミホイールは、やはりBenzのホイールでした。
Benzのホイールはすっごく高価と思いますので、直せればお客さんも修理費用が安く済むし、

工場側も工賃売上げが上がりWin-Winですね。

 

 

アルミホイール修理

 

早速、ガリ傷を想定して、サンダーでえぐった箇所を溶接してみて欲しいとのことで、

肉盛り溶接をしました。

 

アルミ肉盛り溶接

 

先ず、リムの縁側①の溶接は、特に問題なく肉盛りできました。溶接電流は120~140Aです。

続いて、スポーク部分②。このホイールは1ピースで、ホイールの中心に向かっていくと、

可成り肉厚が有ります。さすがBenzのホイールはデカいし、ゴッツイ(・□・;)

溶接電流を180アンペアまで上げましたが、それでもなかなか溶けず溶接棒が上手く

入れ難くいため、ゆっくりとウィービング(ジグザグ)しながら溶接しました。

アルミは熱が逃げ易く、そのうえ肉厚が厚いためなかなか溶けてくれません。

出来れば最初にガストーチバーナーなどを使って予め溶接部周辺に熱を入れておくと

溶け易く溶接が上手くいきます。

 

 

それでは、スタッフの皆さんに試して貰いましょう!

では、どなたから溶接を遣ってみたいですか?

んんん。。。一番バッターは、周りの皆さんの目があり、プレッシャーが掛かるので…

そしたら、女性の方が手を挙げました。さすが女性は度胸がありますね。 母は強し(笑)

ホイールをTIG溶接

 

初めてのTIG溶接で難しいアルミ、そして肉厚が厚い… 思うように上手くできない。

もちろん当たり前で、いきなりハードルが高い溶接をするのは無理があります。

そのため、一旦アルミホイールの溶接は止めて、端材で有った2mm厚のアルミの角パイ

プで、TIG溶接のコツを覚えるために練習しました。

アルミTIG溶接の練習

 

そしたら、さすが鈑金塗装のプロの方達で習得が早い。

だんだん上手くできるように成りました。

 

ホイールをTIG溶接

アルミホイールをTIGで肉盛り溶接

 

この後は、肉盛った部分を削り、研磨仕上げ、塗装に成りますが、

鈑金塗装工場のスタッフの皆さんは、そこはプロなので言うことなし!

 

塗装仕上げまで一連の作業に興味が有り、知りたい方は、こちらをご覧ください。

アルミホイールのキズ、凹みをTIG溶接で修正→塗装まで初挑戦!

 

 

 

アルミホイールをTIGで肉盛り溶接

 

スタッフの皆さんでホイールの肉盛り溶接を試され、結構楽しんでおられました。

 

こちらの工場さんでは、Benzのホイールの修理が多いみたいで、置いてあった他のホイールも

見ると、どれも大きくて肉厚が厚いので、デモをしたWT-TIG200(最大出力電流200A)より

余裕のあるWT-TIG315(最大出力電流315A)をお勧めしました。

そしたら社長は一つ返事で、「それじゃあ、それ頼むわ」と即答でご注文を頂きました。

ありがとうございました。

 

実際にアルミホイールの溶接作業を始めると判らないことが多々出てくると思います。

何かご不明な点がございましたら、お気軽にお問合せを頂ければと思います。

 

 

株式会社WELDTOOL 関東営業所

 

今回デモに使った溶接機はこちら:WT-TIG200(最大出力電流200A)
ご購入いただいた溶接機はこちら:WT-TIG315(最大出力電流315A)